建具修理・補修にかかる価格相場|工事方法をご紹介

襖やドア、障子や窓のことを、合わせて建具といい、家とは切っても切り離せないものとなっています。これらの建具は家が経年老化していくにつれて、同じく老朽化していくものでもあるので、時間がたったものなどはリフォームも必要となります。特に、建具に多くみられるダメージとしては、穴や傷などがありますが、これらを解消するためには修理や補修が必要となるのです。

ここでは、そんな建具について、修理・補修にかかる価格相場と自分でもできる工事方法などを中心にご紹介していきたいと思います。

建具と一概にいっても、襖や障子などの引き戸タイプのものと、洋室で多く使用される室内ドアのように開き戸タイプのものの2種類に分類できます。それぞれ仕様が異なるものでもありますので、修理や補修も工事の種類がさまざまにあるのです。まずは、建具の修理・補修で良くみられる工事の種類についてご紹介していきたいと思います。

・襖の修理・補修 和室で良くみられる襖も、年月を重ねるにつれて損傷が激しくなっていくため、その都度修理・補修が必要となります。たとえば襖が破れてしまった場合や、縁が欠けてしまった場合など、襖に修理・補修が必要となるケースは様々にありますが、これらは業者の方に依頼して施工してもらうこともできますし、簡単なものならばご自身での施工も可能です。

また、襖は10年を目安に張り替えたほうが良いともいわれています。襖は意外と手垢などもつきやすい場所でもありますし、張り替えることで部屋全体のリフレッシュもできるため、張替えはお勧めです。

・自分でもできる?襖の修理・補修について

襖の張替えは、ご自身でも施工が可能なものでもあります。ホームセンターやインターネットショップなどで道具は購入できますし、肝心の襖紙もいろいろなものが売られています。また、襖を張り替える場合は、襖の種類も把握しておく必要があります。大体の襖は「本襖」と呼ばれる、骨組みが入っているものとなっており、張替えには本襖用の襖紙を購入する必要があります。これらを、接着用ののりや両面テープで貼るだけで、襖の張替えはできますので、ちょっとした襖の破損を修理したい場合などにもお手軽で簡単な工事となります。

もちろん業者の方に依頼することもできます。その場合の価格相場は、襖一枚あたり3,000~5,000円となっていて、お手軽な価格設定となっています。ご自身での施工が面倒な方は、ぜひ業者の方に藻依頼してみてください。

また、大きな穴が開いてしまったら、格子ごとに障子紙を張り替えることも可能です。障子紙はのりで張り付けることができますので、道具も簡単にそろえることができるのです。

もちろん業者の方に依頼することもできます。その場合は、障子全体をきれいに張り替えてもらうこともでき、その場合の価格相場は障子1枚当たり2,000~4,000円となっています。

・玄関ドア、室内ドアの修理・補修 玄関ドア、室内ドアで多くみられる修理・補修の工事が必要なケースとしては、穴が開いてしまったり傷がついてしまったなどの表面上のトラブルのほかにも、ドアの開閉がスムーズにいかなくなってしまったなどの機能上のトラブルもあります。表面上のトラブルならば、傷の大きさによってはご自身での施工も可能となりますが、機能上のものならば業者の方に施工してもらった方がよいかと思います。また、ドアノブの修理や補修なども需要が高いです。

たとえば開閉がしにくくなってしまった場合、開き戸か引き戸かによって対処方法も異なります。開き戸ならば丁番を調整して増やすこともありますし、引き戸ならば戸車を設置することで、開閉をスムーズにできます。

・自分でもできる?玄関ドア、室内ドアの修理・補修について 室内ドアの表面上のトラブルであれば、小さなものならばご自身でも対処はできます。今は大型のホームセンターやインターネットショップなどで、ダイノックシートや面材などが販売されているので、穴や傷がついてしまった箇所に、それらを張り付けることできれいなままのドアを演出できます。その際は、きちんとドアの模様や素材とあったものを選ぶようにしましょう。

また、室内ドア、玄関ドアの修理・補修は業者の方に依頼することももちろんできます。特に機能上の不具合が生じているのならば、業者の方に依頼したほうがよいかと思います。その場合の価格相場としては、5万円前後となっています。

建具の修理・補修にかかる費用の価格相場とは

それでは最後に、全体的な建具の修理・補修にかかる費用の価格相場をご紹介していきましょう。費用は建具の種類や工事の規模などにも変動されていきますが、大体1万~5万円が価格相場となります。ご自身で施工をするならば、より安価での工事も可能となりますが、慣れない方が対処すると失敗することもありますので、心配な方はぜひ業者の方に依頼してみてください。

まとめ

いかがでしたか?建具は家のあらゆる場所にある、大切な役割のある部位ばかりです。できればどんな建具でも、10年を目安にメンテナンスをしておくと、大きなトラブルを防ぐこともできるかと思います。ぜひ建具の修理・補修も検討してみてください。

建具修理・補修をお得に行うには?

建具修理・補修を行ってくれる業者を自分で探して、複数の業者に見積もりを依頼するのはなかなか大変です。 そこで便利なのが、住まいのトラブルやリフォーム業者を無料で紹介するプラットフォームサービス「リンクル」です。 サイト上もしくはお電話で建具修理・補修の概要を相談するだけで、業者からの見積もりや提案が届きます。

リンクルとは?

リンクル(LINKUL)とは、住まいの「困った」と「プロ」をつなぐIOTプラットフォームです。 全国のプロ・職人による「雨漏り・電気・ガス・水・建具などの修理にクリーニング」などのお悩みから、リフォームやリノベーションまで住まいに関するサービスを簡単に依頼出来ます。 時間をもっと大切にするあなたの想いに応えるサービスです。 https://www.99baco.com/