2021年以降も続く、住まいへの注目-リンクルが目指すべき方向性-

【プロダクト・デザイン】変わりゆく「家」の概念

新型コロナウイルス感染拡大により外出がままならない中、我々の生活の中で「家」の重要性が増しています。家で過ごす時間が増えたことで、家は、一息ついたり仕事をしたり運動をしたり遊んだり、とあらゆる活動の場としてこれまで以上にさまざまな役割を期待されるようになりました。

世界各地でロックダウンが繰り返される中、全方位型の室内空間へのニーズが顕在化したと言えそうです。
家具のブランドにとっては、これは大きな機会と見ることができるでしょう。家庭的な居心地の良さと、多機能でユーザーフレンドリー、心身の健康の向上を助けてくれるといった役割が家具にも求められることになりそうです。
また、2021年にはバイオフィリア*の概念に基づいたデザインにも注目です。イギリスの建築家Thomas Heatherwick氏がデザインしているような、テクノロジーとグリーンで満たされたプランターをマージしたデスク・システムはその一例です。
*1980年代にアメリカで提唱されたバイオフィリア(人間には、本能的に自然とつながりたいという欲求がある)という概念

2021trend_01.jpg

こういった高性能な商品を求める傾向は、家具だけには留まらないでしょう。リンクルは、合理的なスマートホームのインフラを提供するために、サービス産業と利用者様を安心できる環境下でマッチングすることの必要性を高める必要に駆られることになりそうです。また、パンデミックにより急増したeコマースの利用に対応し、家庭でのリサイクルやリユースに適したパッケージの採用も進めていく必要が出てくるでしょう。

【小売】「地元」のコミュニティを育む

パンデミックとBlack Lives Matter運動を経て、「地元」の概念は大きな飛躍を遂げました。

生活・仕事の場が大都市から移っていくことで、「ミクロポリタン」(小都市居住者)が生み出されました。

これまでは大都市のフラッグシップストアに注力してきた企業も、今後は地域ごとに住民が自分ゴト化できるような、分散化した施策が求められることになりそうです。2021年は、企業がコミュニティを育むことが必要とされる年となるでしょう。

そのためには、今後ますますニーズの高まる住まいのに関するサービスをよりお求めやすく、安心して依頼できる仕組み化が急務です。

リンクルでは、そんな大切な住まいの業者選びで失敗しないために、マーケットプレイス型のサービスではなく、あえて手間のかかる手法でご利用者様と施工会社をつなぎ合わせることにチカラを入れています。 より、安く・クオリティの高いサービスを今後も提供し続けることが、リンクルにとっての唯一の目標です。